toggle
2020-01-15

健康法の錯覚3

dav 昭和49年1月 野口晴哉より
 

腕だって使わなければ細くなるし、足だって歩かなければ弱くなる。

「足が太くなったら歩きます」と言って坐っていたら、一生歩けない。

食べると胃が痛むと言うが、痛むのは生きているから痛むのです。痛むようならその状態に応じて働くのです。

活元運動で(錐体)外路系を訓練しておけば、

食べて痛くとも二、三回で、後は同じものを食べても痛くなくなってきて消化してしまう。

それくらいの痛みで逃げ回っているようでは丈夫にはならない。

適当に不摂生しなければ丈夫になりません。

動くことを嫌がったり、草臥れる(くたびれる)のを嫌がったり、寒いところへ行くのは嫌だと、寒暑不出で逃げ回っていたら弱くなるばかりです。

健康法などというものは人間の妄想が作りだしたものであって、豚だって猫だって健康法などない。しかし、丈夫に生きているのです。

健康法が要るのは余分な頭の働きを持っている人間の錯覚です。