toggle
2019-11-29

からだの弾力とは(野口整体)

「健康な体というのは弾力があるのです。伸び縮みに幅があるのです。

(中略)

自分では感じないけれども触ると硬くなって、筋肉の伸び縮みの幅が非常に狭くなっている。

幅が狭くなったのが年を取った状態、もっと狭くなったのはお墓に入った状態、死んでしまうともう弾力がなくなってしまう。

人間はだんだん弾力を失って死ぬのです。

だから死ぬまでズーッと見ていても、大抵の人は順序通りで、特別急に死んだというような事はないのです。(後略)」

(風邪の効用 著:野口晴哉 昭和37年12月28日発行より引用:勝手にすいません)

 

これが、整体です。

 

私が体を触ってみているのは弾力です!
(背骨の並びもみていますが・・・)

背骨の弾力、筋肉の弾力、骨盤の状態、皮膚の張り、湿感、冷感などをみています。

施術を受けている方は、気持ち良いマッサージ。でも実は、色々みていて色々と調整しています(^o^)v

天才:野口晴哉には、まだまだ及びませんが弾力をみて調整しています。

若い方と年配の方、当然、弾力は違います。

その人その人、続けてみていることで、弾力の変化は当然わかります。

年配の方でも、若々しくて元気な方は弾力があります。

 

あなたの体に弾力ありますか?

 

整体は、健康の習い事!

月に2~3回通うことで健康になる習い事です。