toggle
十条・赤羽の整体「ナガイ整体院」(口コミサイト1位獲得)

脳梗塞の後遺症

脳梗塞の後遺症として、運動の障害がもっとも多くみられます。

よく知られている症状が片麻痺であり、運動とかかわる神経が妨げられることによって、
片側の手足だけに麻痺が起こるという状態です。

麻痺の程度はさまざまであり、
軽いものですと筋肉に重さや違和感を覚えるという程度ですが、
度合いが重くなっていくにつれて手先や足先のこまかな動きが不自由になる、
完全に動かすことができなくなるといったようになります。

また、自分の意志と関係なく身体が動いてしまう、
止めることができないといった現象が後遺症として残る場合もあります。
このような不随意運動としては、
麻痺がない側に力を入れると麻痺のある手足が勝手に動くといった例があります。


不随意運動は、大脳から続く錐体外路(すいたいがいろ)系の神経障害から起こります。
錐体外路系は、筋緊張を正常に保ち、意思に基づいた運動をスムーズに行うために、
体のバランスをとったり、運動量を調整する働きがあります。


そのため、この神経が障害されると、筋肉に異常な緊張が起こったり、
運動の調整ができず、運動が過多になったり、逆に運動ができなくなったり、
ゆっくりになったりします。

私の知り合いが、まさにこの症状で
勝手に体が動いてしまうとのこと。

早い回復を願っております!