toggle
十条・赤羽の整体「ナガイ整体院」(口コミサイト1位獲得)

サルコペニア

サルコペニアは、進行性および全身性の骨格筋量および骨格筋力の低下を特徴とする症候群。筋肉量の低下を必須項目とし、筋力または身体能力の低下のいずれかが当てはまればサルコペニアと診断される。
(wikipediaより)

加齢に伴って筋肉量や筋力が著しく減り、転倒から寝たきりに至る危険が高い状態のことだ。

では、サルコペニアに当たる人は、どうしたらよいのか?

京都大教授の荒井秀典さん(老年医学)は「加齢に伴う筋力低下はある程度仕方ないが、著しい低下は寝たきりなどの危険を高める。改善のため、たんぱく質をしっかり取り、適度に運動する必要がある」と解説する。

中高年になると、生活習慣病予防のために肥満を気にする人が増えるが、荒井さんは「75歳以上になると、むしろ低栄養状態が問題になるケースが多い。もちろん食べ過ぎはよくないが、肉や魚、卵、乳製品など、たんぱく質を多く含む食品を毎日食べた方がよい」と言う。

また、適度に筋肉を刺激する運動として、京都大病院では、長さ2メートル程度のゴムバンドを用いた運動や椅子を使ったスクワットなどを勧めているそうです。

加齢とともに嫌でも実感する事だと思いますが、衰えを感じたら適度な運動が良いようです。