toggle
十条・赤羽の整体「ナガイ整体院」(口コミサイト1位獲得)

脊髄小脳変性症

運動失調を主な症状とする神経疾患の総称である。小脳および脳幹から脊髄にかけての神経細胞が徐々に破壊、消失していく病気であり、1976年10月1日以降、特定疾患に16番目の疾患として認定されている。また、介護保険における特定疾病でもある。
10万人に5~10人の割合で発症すると推定されている。人種、性別、職業による発病の差は認められていない。
ただし、弧発性(非遺伝性):遺伝性の比率は6:4であるといわれており、遺伝性疾患の大部分は常染色体の優勢遺伝が原因といわれている。
主に中年以降に発症するケースが多いが、若年期に発症することもある。
非常にゆっくりと症状が進行していくのが特徴。10年20年単位で徐々に進行することが多い。だが、進行の速度には個人差があり、進行の早い人もいる。
小脳、脳幹、脊髄にかけての神経細胞は破壊されるが大脳部分は破壊されない。そのため、アルツハイマー病などとは異なり、患者は、自分の身体の運動機能が徐々に衰退していくことをはっきりと認識できる
(wikipediaより)

症状は、運動失調(小脳失調障害・延髄機能障害)の症状、自律神経の症状、不随意運動の障害があります

お客様の中に脊髄小脳変性症の方がいらっしゃいます。

筋肉のこわばり・痛みに対しては、楽にしてあげられることもあり、施術後は一時的に症状が無くなります。現在、完治する療法が見つかっていないため、薬物療法とリハビリの対症療法が基本です。